玄海サイロについて

社員紹介

営業部
品質管理グループ

サイロ貨物の日常の品質確認と品質保持、入出庫時の貨物の品質確認等

仕事のやりがい

入社当時は現在でいう物流グループの一員でした。会社の方針で品質を武器に営業を有利に展開しようという戦略の一環として品質管理グループが新設され、そこに配属が決まったときは責任の重さを感じ不安もありましたが、すぐに主任の役職もいただき会社から期待されているのだと思うと喜びもありました。

若輩者ではありますが先人の知恵と教えを守り、社内外の知識・ノウハウを取り込み、お客様の貨物を「出来る限り入庫時の状態のまま」お届けすることをしっかりと心に留め、品質保持に務めています。

何か問題があれば会社の信用を落としかねないのでかなりの重圧は感じますが、決して一人で仕事をしているわけではなく、物流グループとの強力体制のもとで、やりがいを感じながら日々業務に励んでいます。

今後の目標

まずは目の前の業務、品質保持に全力で臨むこと。妥協を許さず業務に邁進し、お客様の貨物を入庫時の状態のままお届けし、会社の大きな信用として営業の発展に貢献する。日々の業務の積み重ねで品質保持に務め、品質面として前面に、業務面では裏方、頼れる縁の下の力持ちとなれるよう精進したいと思います。そして今後自分の後継者の為にも技術やノウハウを満載したマニュアルの作成等、今後の人材育成に大きく貢献できるよう務めていきたいと思います。

ある日のスケジュール

始業

一日の仕事はその日の作業内容及び入出庫の確認で始まります。

入出庫の品質確認

サイロから出庫する貨物並びに搬入する貨物は必ずサンプルを採り、異常・異物の有無を確認します。状態などを写真に収め報告書として社内に回覧します。

サイロビン内の見回り

週に一度はすべてのサイロビンの貨物の品質確認を行います。品物の状態、穀温、水分を記録し、もし異常が見受けられた場合には物流グループへ報告書を挙げ、燻蒸やリサイクルなどのローテーションを実施してもらい、その後の確認をして品質保持に務めます。

報告書作成

夕方になるとその日の報告書を作成した上で、次の日の入出庫と作業計画が分かるので次の日の業務予定を組みます。

社員紹介